kotringo blog

Calendar

Profile

5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。2011年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。2013年1月には待望のフルアルバム「ツバメ・ノヴェレッテ」をリリース。http://kotringo.net/

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ

サイト内キーワード検索
414件中   26 - 30 件表示 ( 全 83ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

「博多ライトアップウォーク2011」


11/3に博多ライトアップウォークというイベントに参加してきました。

http://hakata-light.jp/

私達は、承天寺にて福岡では初めてのバンド編成でのライブでした。
承天寺は約900年前(1242年)に建てられ、宋に留学していた聖一国師を招いて開山されたのだそう。
その聖一国師が、宋からうどんやおそば、おまんじゅうの製法を持ち帰ってきたらしく、うどん、おそば、おまんじゅう発祥の地の石碑がありました。
そして山笠の車も!
きれいなお庭をバックに、ステージをセッティングさせてもらってのライブ。
バンドだったので、はしゃぎすぎたかな?と思いつつ、来てくださった皆さんと最後は一緒に歌って楽しかったです。ありがとうございました!

この日、シゲさんはライブ後すぐに東京に戻られ、神谷さんと私、そしてcommmonsのSさんは、もつ鍋&ラーメンコースで博多の夜を堪能しましたよ。



2011-11-10 20:10:01投稿者 : kotringo

Bird Call 2011 ~toridori~


Beautiful Hummingbirdさんのイベント、 ”Bird Call 2011 ~toridori~” @vacantに出演しました。素敵な雰囲気のイベントでした。 
vacantのステージの飾り付けもいつもほんとうにステキです。 

私は神谷くんとデュオ編成で。 
アンコールは皆で、な、なんと、Queenの”Don't Stop Me Now"を披露。 
意外な選曲でどうなっちゃうかと思ったけど、 タバティさん、tico moonさん、神谷くんの見事な演奏と小池光子ちゃんの素晴らしい歌で、ブロードウェイミュージカルのように華麗に変身! 

たのしかったなあ。 
ありがとうございました! 



2011-11-08 15:16:26投稿者 : kotringo

Quiet Basin Festival vol.5 @桜座


大好きなバンド、WATER WATER CAMEL(http://wwc-journal.com/)主催のイベント『Quiet Basin Festival vol.5 @桜座』にお誘い頂き、甲府に行ってきました。
ご一緒したのはport of notesさん。

WATER WATER CAMELのベースの須藤さんは、3年程前のイベントで、大橋トリオさんのサポートでベースを弾いていてお友達になり、WWCのアルバム"さよならキャメルハウス”を聴いて大好きになりました。
歌を歌っている斎藤キャメルさんのまろやかな声と歌詞の世界観、サウンドの浮遊感が特に好きで、部屋でずっと聴いていたくらい。

セッションでは私の大好きな「甲州夜曲」と「喜びは食卓に悲しみはトイレに」を一緒に演奏させてもらったのです!!
舞い上がっちゃうくらい嬉しくて、楽しかったです。

ライブの次の日には、のんびり甲府の街を観光させてもらったり、
ボーカルのキャメルさんのカフェ、”パタゴニアの南”にお邪魔してお喋りさせてもらったり、とても楽しい旅でした。
WWCのみなさま、スタッフのみなさま、そしてイベントに来てくださったお客様、ありがとうございました。

そしてこの日のライブに遊びにいらしていた森ゆにさんに、今年6月に発売された森さんのアルバム「夜をくぐる」を頂きました。
それがとっっっても好きになり、甲府から帰った後、繰り返し何度も聴いていました。
思い出の中でずっと生き続けているうつくしい人のお話を聞いているみたいです。
懐かしい気持ちになるメロディや、ピアノの伴奏。あったかい歌声。
いや~、本当に素敵です。

お友達になった音楽家の皆さんに、新しいアルバムを頂く機会があるのはなんと幸せで、贅沢な事なんだろうと思います。
血と(?)汗と涙の結晶である、みなさんのアルバ ム。
頂いたからには、真剣に向き合って大切に聴こうと思います。



2011-10-23 18:11:57投稿者 : kotringo

ビューティフルハミングバード


来週29日、原宿vacantで行われる"Bird Call 2011~toridori~"に出演します。

http://event.n0idea.com/post/9405018055/beautiful-hummingbird-no-idea-presents-bird-call-2011

Beautiful Hummingbirdさんの新作、"HORIZON"が発売されて、
その出来立てほやほやの一枚が届きました。
アートワークも素敵で、早速家で聴きました。

一曲目のみっちゃん(Vo. 小池光子さん)の歌声に思わず涙が出そうになったかと思うと、あっという間に引き込まれてました。

太陽が昇って一日が始まり、何かを探しに旅に出て、出会いがあり、夜が来て、眠りについて、という情景が、曲や言葉や音像によって鮮やかに浮かんできました。
曲に合わせてみっちゃんは、お母さん、少女、旅人、女神さまに七変化するのも、すごいなあと思うのです。
10曲目の「よびごえ」の夜に迷い込んだ感じもとても好きです。

約49分間に凝縮された、あっという間の一日の旅。
何か探しものや迷いがあって出かけたはずなのに、答えは見つかっていないような気がするけど、最後にはまた明日への希望が残っている感じ。
とても素敵なアルバムでした。

特別なライブに呼んでもらえた嬉しさをじーんと噛み締めながら、このアルバムの曲たちを生で聴けるのが楽しみすぎてしょうがないのです。
ちなみに、みっちゃんからメールで「当日のセッションでこの曲がやりたい」という希望曲のハードルが高すぎて、出来るのか・・・?と思っている私。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね!


2011-10-23 17:53:13投稿者 : kotringo

ストーンサークルフェスティバル


初めての青森で、すてきな思い出ができました。

外ヶ浜町で行われた”ストーンサークルフェスティバル”。
この見事なストーンサークル、およそ5000個の石でこの日のために作られた、現代のストーンサークルです!!
川から石を車に積んで,何日も何日もかけて運んだのだそう。
教えてもらわなかったら、最近作られたなんて気づかないくらい、スケールも大きくて、立派でした。
そのストーンサークルの前でライブをさせてもらったのですが、私の前に舞踏家の雪雄子さんが素晴らしいパフォーマンスをされていて、大昔にタイムスリップしてしまった様な気分になり、私も、演奏が進むに連れてなんだか昔からあるストーンサークルの前で演奏している様な、不思議な気分になりました。
寒い中、 聴いてくださったみなさま、ありがとうございました!

そしてライブの後は、ストーンサークルを作った「縄文友の会」のメンバーで、この日イタリアから駆け付けていらした田口ランディさんとともに、同じくメンバーのお一人である中江さんに竜飛岬まで連れて行ってもらったのでした。


2011-10-19 22:16:34投稿者 : kotringo
414件中   26 - 30 件表示 ( 全 83ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...