kotringo blog

Calendar

Profile

5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。2011年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。2013年1月には待望のフルアルバム「ツバメ・ノヴェレッテ」をリリース。http://kotringo.net/

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ

サイト内キーワード検索

Playing the Orchestra 2013


子供のころ、テレビで放送されている度に家族で見ていたけれど
幼すぎて内容をちゃんと理解できず未消化のまま大人になり、
留学中にレンタルビデオで改めて見た「ラスト・エンペラー」。
映像の美しさやストーリーそのものにも圧倒され、
そのままエンドロールではテレビに近づいて音楽に聴き入ってしまった。

YMOに夢中になるには生まれるのがすこし遅かったけど、
それでも思い返すと小さい頃から坂本さんが作曲された色々な曲に
たくさん親しんできていました。
でもその「ラスト・エンペラー」に感激した事が、物心ついた私にとっての、
坂本さんの音楽を初めて体験した印象深い出来事だったのでした。

先日の「Playing the Orchestra 2013」で
そのテーマ曲を坂本さんご自身が新たにアレンジし直し、
オーケストラと共にピアノを演奏されていました。
2日間のリハーサルにもお邪魔させてもらい、
スコアをお借りして音符を追いながら聴いたり、二階席の端に行ってオーケストラのみなさんの動きや音、
アレンジを色々見て聴いて、学びながらも楽しんでました。

そのリハの時から、おおおおとなっていたのですが、
本番では、はじめは息も出来ないくらいのかすかな音が続くアレンジの曲から徐々に大規模な曲へと進んでゆくセットリスト。
終盤の「ラスト・エンペラー」ではオーケストラの方々の演奏も気迫に満ちていて、
もう、ぐわあああっときてしまった。
CDでもピアノソロでもはたまたリハでも、今まで何度となく聴いてきた曲だったのに、
涙が出るのをこらえてこらえて、喉がつまって苦しくなるくらい。
きっとおばあちゃんになっても
ずっと覚えているであろう程の感動を味わった贅沢なコンサートでした。

今まで好きだった曲も、オーケストラバージョンになるとまた違った魅力が増して、
ピアノバージョンを聴いていても聴き方が変わった気がします。
「Amore」、「happy end」に「八重の桜」もとても好きでした。
狭間さんのアレンジされていた「After All」もかっこよかった。

挑戦し勉強し続ける坂本さんへの音楽家としての尊敬の気持ちは、
色々なお仕事を知る度に増してゆきます。
コンサートの日家に帰ってから、
また「ラスト・エンペラー」のサントラを引っ張り出して聴いているのだけど、
アレンジが違うのです..
新しいアレンジで、また聴きたい!



2013-05-28 17:53:30投稿者 : kotringo