kotringo blog

Calendar

Profile

5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。2011年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。2013年1月には待望のフルアルバム「ツバメ・ノヴェレッテ」をリリース。http://kotringo.net/

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ

サイト内キーワード検索

アイーダ


ライターの伊藤なつみさんにお誘いいただき、オペラ「アイーダ」を観に新国立劇場まで行ってきました。オペラを生でちゃんと観るのはこれで二回目。ちなみに初めてのオペラはメトロポリタンオペラの「魔笛」でした。


前もって、きちんと勉強して望まなければと思いつつ、あっという間に当日になってしまいあらすじさえおさらいしていかなかったのですが、逆にそれが良かったかも!


客席を見渡すと、私の父や母くらいの年齢の方が多いようにも見えるけれどこの日は若い女性のお客さんも多い様な気がしました。あっという間に開演。この日の指揮者ミヒャエルギュットラーが颯爽と現れオーケストラピットから顔を少しだけ出しご挨拶。

少し昔の映画や、ミュージカルでもそうだけれど、前奏曲が始まる時が私はすごく好きだ。本編はイタリア語なのでそのままではほとんど理解出来ないのだけど左右に日本語字幕が出るので意味やストーリーをちゃんと理解しながら進んでゆく。少しもったいなかったのは、あらすじを分かっていないと字幕を読まないといけないので、他に気にしたかった事、音楽の事もそうだし、舞台上のいろんな事に目や神経を行き届かせられなかったのがもったいなかったなあと思いました。でも、新鮮な気持ちで各幕が終わるごとに「ああ~~どうなっちゃうんだろう!」となってました。


第一幕で、アイーダ役のラトニアムーアのうっとりする様な歌声と、情感たっぷりの演技に引き込まれました。そしてとってもチャーミングな容姿。

恋敵である王の娘、アムネリスはかっこ良かったのですが貫禄がすこしありすぎる感じで、なかなか感情移入出来ず。。。エジプトが舞台なので、音楽もエジプトっぽい雰囲気を取り入れているのですが、ヴェルディがこのオペラを書いたのは、当時のエジプト副王の試みで、古代エジプトを舞台にしたオペラを書いてもらってカイロで初演にする事で、列強諸国と肩を並べようと試みたのだそう。(パンプレットより)全四幕で、各幕それぞれ盛り上がって幕が降りる。圧巻だったのは、合唱団やバレエダンサーなど総勢300名が舞台上に上がっていたらしい第二幕のラスト。本物のお馬さんまで走り出てきて、思わずなつみさんと「わっ。」と言いあってしまいました

オーケストラも入れると400名近く!

第四幕では、実は二階建てになっていた舞台が上に動き、地下部分が出てきたり。まるでアトラクションのようなしかけ。幕が開く時も、まずオーケストラの演奏が始まって、ここ!というタイミングでぱああっと開くのは見事だなあと思ったりしました。オペラやクラシックのチケットは高い、というイメージだけがどうしても先に浮かんでしまうのだけど、これだけのキャストで、豪華な衣装・セットに素晴らしい会場に職人さんの技が随所に感じられる総合芸術で、もろもろ考えるとそれだけのお値段になってしまうことには改めて納得してしまうのでした。

この「アイーダ」は、見るもの聴くもの、すべてが本当に豪華なので、何かの節目に、記念日に、思い切って観に行くのにぴったりだなあと思いました。舞台が終わってから、今回ご招待してくださった渡邊さんとなつみさんと、"だれに一番共感するか"で盛り上がりました。私は今のところアイーダへの愛を貫いたラダメスに、共感というか、良くやった!みたいな気持ちになりました。

積極的にオペラ貯金をして()色んなオペラ見に行こう、と心に決めた記念すべき一日になりました。




2013-03-25 15:35:48投稿者 : kotringo