kotringo blog

Calendar

Profile

5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。2011年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。2013年1月には待望のフルアルバム「ツバメ・ノヴェレッテ」をリリース。http://kotringo.net/

BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ

サイト内キーワード検索

Quiet Basin Festival vol.5 @桜座


大好きなバンド、WATER WATER CAMEL(http://wwc-journal.com/)主催のイベント『Quiet Basin Festival vol.5 @桜座』にお誘い頂き、甲府に行ってきました。
ご一緒したのはport of notesさん。

WATER WATER CAMELのベースの須藤さんは、3年程前のイベントで、大橋トリオさんのサポートでベースを弾いていてお友達になり、WWCのアルバム"さよならキャメルハウス”を聴いて大好きになりました。
歌を歌っている斎藤キャメルさんのまろやかな声と歌詞の世界観、サウンドの浮遊感が特に好きで、部屋でずっと聴いていたくらい。

セッションでは私の大好きな「甲州夜曲」と「喜びは食卓に悲しみはトイレに」を一緒に演奏させてもらったのです!!
舞い上がっちゃうくらい嬉しくて、楽しかったです。

ライブの次の日には、のんびり甲府の街を観光させてもらったり、
ボーカルのキャメルさんのカフェ、”パタゴニアの南”にお邪魔してお喋りさせてもらったり、とても楽しい旅でした。
WWCのみなさま、スタッフのみなさま、そしてイベントに来てくださったお客様、ありがとうございました。

そしてこの日のライブに遊びにいらしていた森ゆにさんに、今年6月に発売された森さんのアルバム「夜をくぐる」を頂きました。
それがとっっっても好きになり、甲府から帰った後、繰り返し何度も聴いていました。
思い出の中でずっと生き続けているうつくしい人のお話を聞いているみたいです。
懐かしい気持ちになるメロディや、ピアノの伴奏。あったかい歌声。
いや~、本当に素敵です。

お友達になった音楽家の皆さんに、新しいアルバムを頂く機会があるのはなんと幸せで、贅沢な事なんだろうと思います。
血と(?)汗と涙の結晶である、みなさんのアルバ ム。
頂いたからには、真剣に向き合って大切に聴こうと思います。



2011-10-23 18:11:57投稿者 : kotringo